札幌白石産科婦人科病院

診療のご案内~新生児内科~

新生児内科とは

「新生児内科」とは小児科のなかでも新生児を専門とする医師による診療科です。
赤ちゃん達が元気に過ごし、お母さんと一緒に退院できるようにご援助させて頂きます。退院までに気になることや不安なことがあれば解消できるよう全力でサポートします。また退院した後もベビー健診や育児相談外来などで育児支援を引き続き行ってまいりますのでご安心下さい。

病棟について

私たちはこれまでも、そしてこれからも安全・安心なお産を支援していきます。
2015年春より小児科医が常勤となり、出産後ただちに処置を要するお産には積極的なサポートをしております。
小児科医在室の際のみですが、小児科医立ち会いのもと帝王切開時にもお母さんの胸の上にお子さんを抱っこしていただく(early Skin to Skin Contact)ことも行っています。もちろん母体や赤ちゃんの状態が最優先ですので無理の無い範囲で行っています。

また、万一の場合に備えた新生児蘇生法のトレーニングにも力をいれており、専門コースのライセンス保持者やそのインストラクターも配置し、みなさまのお産にスタッフ一丸となってサポートしています。

生まれた赤ちゃんには毎日の観察の他に3回程の小児科医の診察を行い異常の早期発見と対処を心がけています。当院では赤ちゃん専用の聴力検査機器などを導入し先天性難聴のスクリーニングを行っています。また、原則全例に超音波検査(頭部や心臓、腹部)を行い、異常の早期発見や治療に役立てています。 無呼吸検知器などの生体モニタリング機器、ベッドサイドでも治療可能な光線療法機器など、可能な限り母子分離を避けながらの治療も心がけています。

一方で集中治療を行う医療機関とも密な連携をとっており、当院だけでは治療が完結できないケースを早期発見し速やかに適切な医療が受けられるように努めています。 当院には産前・産後に各種クラスを設けておりますので、今後は小児科医としてみなさまのご希望に添えるようなクラスをご提供していきたいと考えています。

外 来

当院では退院までに体重の増えが良くなかったケースや授乳のタイミングなどのご心配にお答えするため助産師による半月健診を行っております。
1か月健診については木曜日と金曜日の週2回にわけて行っています。それによりお母さん達の不安や心配な事柄に対して少しでもゆとりを持ってお話を伺いたいと考えています。

当科では医師による「育児相談外来」も開設しています。(曜日や料金など詳細はリンクを参照して下さい) この外来では小さく産まれた赤ちゃんや早産で産まれた赤ちゃん等の発育や発達を見守っていきます。

また、入院中に超音波検査で発見された疾患のフォローも行っていきます。心疾患や腎疾患などが発見されてもすぐに対応が必要なものから数ヶ月経過が見られるものもあります。病状により外来で経過を観察し、適切なタイミングで専門医療機関へご紹介いたします。

さらに育児の不安や心配でお困りのお母さんに育児カウンセリングを行っています。
退院しておうちでの子育てが始まり行き詰まることや、誰に聞いて良いのか分からず途方に暮れてしまったことはありませんでしたか?

やはり育児はお母さん一人の力でがんばるのでは無く、一人でも多くのサポートがあると「より幸せな子育て」につながると信じています。核家族化や地域コミュニティの希薄化が叫ばれている現代においてこそ、妊娠・出産・子育てをする女性に寄り添い支える存在が必要であると感じています。

風邪引きさんばかりの一般小児科ではゆっくりとできないとおもいますので、そういったお話をじっくりと伺うのがこの外来のモットーです。困ったことだけで無く嬉しいことのご報告でもかまいません。
お子さんの発達を促しながら育児にがんばっているお母さんを応援するような場所にしていきたいと考えています。

育児相談外来

腹腔鏡手術・子宮内膜症 専門外来

婦人科領域における様々な疾患に対し質の高い腹腔鏡下手術を提供

腹腔鏡手術とは、腹の中を鏡(カメラ)でみながらやる手術です。
従来の開腹手術と違い,数ミリ~1.5センチ程度の切開を4ヵ所作成するのみで施行可能となります。