札幌白石産科婦人科病院

体外授精

体外受精とは

「体外受精」は、体内で受精が難しいと考えられる場合に行う方法で、文字通り「体外で」受精を行う方法を指します。

現在最も一般的であるのは「IVF-ET(体外受精-胚移植)」ですが、「凍結胚移植」なども含めて体外受精と呼称されています。

体外受精の適応については以下のようなケースが相当します。

  • ・卵管が閉塞している
  • ・AIHを何度も施行しても妊娠しない
  • ・乏精子症や精子無力症など精子に原因がある
  • ・子宮内膜症があって妊娠しない
  • ・免疫系に原因がある
  • ・原因不明

体外受精の施行方法は、大きく次の3つの行程に分けられます。

  • Step.1

    効率よく排卵を起こさせるために各種ホルモン剤や排卵誘発剤などを投与し、「過排卵」を起こさせます。

  • Step.2

    「採卵」を行います。HCG注射により排卵を促したあと、経腔的に超音波下に卵胞に針を刺して卵を吸引しますが、通常これは麻酔下で行われます。採取した卵は次に培養液中で精子と混和させて受精させます(媒精といいます)。媒精は1~2日培養器内で行い、受精して分割を始めたものを選別します。

  • Step.3

    選別した受精卵を子宮内へ移植します(胚移植といいます)。胚移植後は着床を助けるために黄体ホルモン剤の追加投与を行うのが一般的です。

質の高い受精卵がたくさんあった場合には受精卵を凍結保存して次回に胚移植のみを行ったりすることもできるようになってきました。

※体外受精は保険の適応外ですので、排卵誘発を含めて全額自費扱いとなります。

体外受精(IVF-ET)30~50万円

不妊相談のご予約

おひとりで悩んでいませんか?心配なこと、迷っていることどんなことでもかまいません。少しでも気持ちが楽になるようお手伝いできたらと思っています。メール相談や来院していただいてのご相談も受け付けております。お気軽にスタッフへ声をかけてください。不妊相談はパソコンや携帯電話から予約ができる予約システムをご利用ください。

腹腔鏡手術・子宮内膜症 専門外来

婦人科領域における様々な疾患に対し質の高い腹腔鏡下手術を提供

腹腔鏡手術とは、腹の中を鏡(カメラ)でみながらやる手術です。
従来の開腹手術と違い,数ミリ~1.5センチ程度の切開を4ヵ所作成するのみで施行可能となります。