札幌白石産科婦人科病院

タイミング療法

タイミング療法とは

不妊治療の第1歩は、最も妊娠しやすい排卵直前に性交を持つことです。

排卵日を狙うことが大切

卵の寿命は12~14時間です。精子は女性の体内では24~48時間受精能力があります。(実際にはもっと長い精子もいるといわれています)このことから、最終低温日の2日前~体温上昇日の1日目までが妊娠する可能性があるということになります。もちろん排卵日が1番理想的です。排卵日を知るには基礎体温表をつけるのが1番です。低温相の最後の日が排卵日です。周期の一定している人や、陥落日といって排卵日にぐっと体温が下がる人は予想しやすいです。

排卵日が近づいてきたことを見分けるコツ

頚管粘液をチェックしましょう
排卵日の5日ほど前までは、頚管粘液は少量で、白濁した粘液ですが、排卵日の数日前から、頚管粘液の量が増えます。頚管粘液の質は水様性となり透明となります。実際に、頚管粘液を指先にとって親指と人差し指でつまみ、この指をゆっくり離すと、頚管粘液は糸を引いて4~15cmくらい伸びます。この状態が約3日間続きます。最後の日に頚管粘液量が最も多くなり、この日をピーク・デイと呼んでいます。排卵はピーク・デイかその翌日に起こります。
排卵痛があると24時間以内に排卵されやすい
月経と月経の中頃に下腹部に痛みを感じる人もいます。これを排卵痛(中間痛)といいます。強く感じる人は6~7%ですが、弱い痛みを感じる人を含めると約40%の女性が排卵痛を感じているといいます。排卵痛があると24時間以内に、排卵が起こるとされています。
排卵日検査薬を使用
排卵日検査薬は尿をかけるだけの簡単検査で排卵日が簡単に予測できます。排卵日が近いとLHホルモンが多くなるので、それを調べる検査薬です。LHがピークになり、1日ほどで排卵します。

元気のよい精子をより多く送り込めるようにする

精子は、1回放出すると満タンになるまで3~4日間かかるといわれています。正常な男性では、精液1ml中に4,000万匹以上の精子がいますが、1,000万匹をきると妊娠は難しいといわれています。予定排卵日が決まったら、4日間以上禁欲して精子を十分に蓄えた上で、排卵日の前日から基礎体温が上昇するまで隔日または毎日性交します。

不妊相談のご予約

おひとりで悩んでいませんか?心配なこと、迷っていることどんなことでもかまいません。少しでも気持ちが楽になるようお手伝いできたらと思っています。メール相談や来院していただいてのご相談も受け付けております。お気軽にスタッフへ声をかけてください。不妊相談はパソコンや携帯電話から予約ができる予約システムをご利用ください。

腹腔鏡手術・子宮内膜症 専門外来

婦人科領域における様々な疾患に対し質の高い腹腔鏡下手術を提供

腹腔鏡手術とは、腹の中を鏡(カメラ)でみながらやる手術です。
従来の開腹手術と違い,数ミリ~1.5センチ程度の切開を4ヵ所作成するのみで施行可能となります。