札幌白石産科婦人科病院

妊婦健診

妊婦健診とは

胎児の発育や母体の異常の早期発見に努め、産科専門医が定期的に健診をしています。また妊娠中の不安やストレスなどの少ないマタニティライフを送っていけるように、助産師が保健指導を行います。どんなことでもお気軽に声をお掛けください。

妊婦健診の目的

妊婦健診の目的

・赤ちゃんとお母さんが健康なのかを調べるため

・分娩の時期や方法などを決定するため

・妊娠合併症やクラミジアなどの感染がないか調べるため

・胎児に異常はないか調べるため

定期的に健診を行うことで、なにか問題があれば早期発見や予防、
対処をすることもできます。

妊婦健診の費用

妊婦健診は健康保険が適用されません。

・基本検査 約5,000円

・血液検査などを合わせ 約10,000~15,000円
というような費用が発生します。

全部で14回あった場合、約10~15万円かかりますが、補助金で助成されます。母子手帳と一緒に妊婦健康診査受診票「補助券」が交付され、妊婦健診の費用が助成されます。自治体によって助成内容や費用は異なるので、交付の際に助成内容を教えてもらいましょう。

検査内容と料金

妊婦健診の回数

厚生労働省は妊婦健診の周期と回数を14回と例示しています。

・妊娠初期~妊娠23週(~妊娠6ヶ月):合計4回(4週間に1回)
・妊娠24週~妊娠35週(妊娠7ヶ月~9ヶ月):合計6回(2週間に1回)
・妊娠36週(妊娠10ヶ月)以降:合計4回(週1回)

妊婦健診の内容

〜毎回行う〜体重測定・尿検査・血圧測定・内診・問診・超音波検査
〜適宜行う〜血液検査 ※4回程度

問診 病歴、生活、仕事、喫煙・飲酒など、妊娠・出産に影響がある事項を調べます。
また、身長・体重からBMIを測ったり、月経・妊娠の経歴について調べます。
所見、内診 乳房の状態、身長・体重、脈拍など母体の状況を管理します。また、内診で、子宮や腟の状態をチェックします。
エコー検査 胎児発育や異常状態の確認、子宮頸管長の確認、胎児スクリーニング
血液検査 白血球など血液の状態、HIVやC型肝炎、風疹などのウイルスがないかどうかも調べます。また、ヘモグロビン値を調べ、貧血がないかどうかも確認します。

腹腔鏡手術・子宮内膜症 専門外来

婦人科領域における様々な疾患に対し質の高い腹腔鏡下手術を提供

腹腔鏡手術とは、腹の中を鏡(カメラ)でみながらやる手術です。
従来の開腹手術と違い,数ミリ~1.5センチ程度の切開を4ヵ所作成するのみで施行可能となります。